青木宣親、5試合連続安打でチームの勝利に貢献【ミルウォーキー・ブリュワーズ、サンディエゴ・パドレス戦】


ミルウォーキー・ブリュワーズの青木宣親選手は、現地時間10日、全米で唯一行われたナショナルリーグ同士の試合、サンディエゴ・パドレス戦に2番ライトで先発出場した。

結果は2打数1安打で2四球1盗塁2得点と2番打者としての役割に応えた。青木はこれで5試合連続ヒットを記録し、試合は6-5で本拠地での試合をものにした。

青木が先発に定着しつつある現在、ブリュワーズの調子がいいように見える。これは、いかに青木がチームの勝利に貢献しているか、の表れだ。青木のライト定着は、ハートをファーストにコンバートしてのことだが、それがチームの力を上げている。

去年はフィルダーもいたことで、ナショナルリーグ中部地区で優勝した。今年の優勝のカギを青木が握りそうだ。今後の青木、そしてブリュワーズの戦いぶりに注目だ。

2012年6月11日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.