岐阜県各務原市の会社社長・市川孝之を殺人容疑で再逮捕


愛知・岐阜両県警の合同捜査本部は、愛知県東海市の会社員だった相川比奈江さんが岐阜県御嵩町で遺体となって見つかった事件で、殺人の容疑者を逮捕した。

逮捕されたのは、岐阜県各務原市で会社社長をしている市川孝之容疑者。市川容疑者は、既に営利・加害目的略取罪で、既に起訴されている。ただ、相川さんを連れ去った事件そのものの関与を否定している。

市川被告の携帯電話の発信記録から遺体発見現場の近くにいた可能性が高いことが判明したため、殺人容疑での立件が可能となり逮捕となった。

会社社長が起こした殺人事件だが、実際のところ、一口で会社社長といっても、様々な業界がある。また、素性もよく分からない人が社長をしている場合もあり、会社の実態がよく分からないケースもある。

一昔前までは会社社長といえば、成功者というイメージがあったが、不況の今、そのようなイメージはもはやない。

2012年6月12日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.