チャールズ皇太子を次の後継者へ、との声が最も多くなったことが判明


エリザベス・イギリス王女の後継者に相応しいのは、誰なのか。イギリスの主要紙、サンデー・タイムズ紙は、現地時間の6月6~7日に、そのことの世論調査を行った。

その結果、63歳のチャールズ皇太子がふさわしい、という声が1番多く集まった。それまでのトップは、29歳のウィリアム王子だった。

チャールズ皇太子を後継者に、との声は、2週間前の調査の38%から44%に上昇した。その要因として、今月上旬の女王即位60周年記念行事で、入院した父親のフィリップ殿下への気配りを見せたスピーチやBBCのお天気キャスター、DJのまねごとに挑戦し、民衆に親しみやすさをアピールしたことが、このような結果になったと見られている。

ヨーロッパ社会の中心的な国のイギリスで、国の象徴となる人を選ぶことは非常に大切なことだ。それは、ヨーロッパという地域の存在感を世界に示す上でも大切なことだからだ。

日本の一部の政治評論家の中には、イギリスの皇室は、マヌケで淫乱な連中だとも言う人がいるが、その存在感は世界においても影響力をもたらす。次は誰がエリザベス女王の後継者になるか、非常に注目にしたいところだ。

2012年6月12日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.