ダルビッシュ、8回2失点の快投で白星【15日・対アストロズ】


レンジャーズのダルビッシュ有投手は、現地時間15日、地元アーリントンで行われたアストロズ戦に中7日の間隔を開けて先発出場を果たした。

試合は、5回に集中打で逆転に成功したレンジャーズが6-2で勝利し、ダルビッシュは、8回までを投げ2失点でチームトップタイに並ぶ8勝目をマークした。また自身の連敗を2でストップさせた。

相手チームのアストロズは、先発選手が、1番長くても3番ショートのローリーの5年で、最年長がマックスウェルの29歳。投手・野手を含めても最年長の35歳のリーは、15日間の故障者リスト入りで、今シーズンで引退と言われている。

それ程までに弱小球団相手にしっかり勝てたのは、大リーグファンとしてはホッとするところだ。来シーズンからアストロズがアメリカンリーグに行くので、大リーグ交流戦恒例のテキサス州同士の試合、ローンスターシリーズは今年で終わりになる。

その最後の3連戦の初戦で白星を飾ったのは、少なくともチームが勢いづくきっかけとして、とてもいいものだ。レンジャーズには、この調子でアメリカンリーグ西地区を制してほしい。

2012年6月16日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.