福山雅治が日本人初、中国で第18回上海国際テレビ祭、第15回上海国際映画祭に招かれる


歌手で俳優としても活躍している福山雅治が、第18回上海国際テレビ祭、第15回上海国際映画祭のVIPゲストとして招かれた。この2つのフェスティバルのうち、第18回上海国際テレビ歳で、最優秀主演男優賞のプレゼンターを務めた福山は、賞の受賞をした俳優にトロフィーを贈呈する役割も果たした。

このような役割は、これまではジャッキー・チェンなどハリウッド映画で活躍する俳優が務めていた役割で、この役割を務めた日本人は福山が初めて。福山を歓迎する市民に揉みくちゃにされ、警官が出動する騒ぎとなったが、福山はとても感激した様子だった。

アジアの中心が日本の東京から、中国の上海へと変わりつつある中、政治だけでなく文化も中国発祥のモノが更に注目されるだろう。その中で、福山が初めて大役を務めたのは、とても素晴らしいことだ。それは、日本の役者やドラマが外国でも高く評価されていることの裏付けでもあるのだ。

日本の実力を証明するためにも、日本は韓流ではなく、もっと自国のオリジナリティあふれる作品を作るべきであり、誇りを持つべきなのだ。

2012年6月17日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.