台風4号が20日にも本州に上陸の見通しへ


非常に強い台風4号は、18日の午前現在で、沖縄県の南の海上を北へ進んでいる。既に沖縄・奄美地方は大荒れで、19日からは西日本太平洋側や東海地方では大荒れになる見通しになるという。19日中の雨量は、沖縄、九州南部、四国で120ミリになる見込みで、20日の西日本太平洋側の雨量は更に増えると見られている。

気象庁によると、今日の夜のうちに沖縄に最接近した後、20日当たりに西・東日本に上陸する恐れがあるという。

台風というと、梅雨が明けてから来る印象を持っているし、この時期から台風が発生するのは知っているが、日本に上陸するものではない。梅雨と台風の2つに警戒をする必要はあるが、どちらが来ても大丈夫なように、平和な今のうちから対策を練った方がいいのだろう。

2012年6月18日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.