戦国BASARA初の実写ドラマ化へ


CAPCOMから発売されている人気ゲーム「戦国BASARA」の実写ドラマ化が明らかになった。同ゲームはアニメ化もされており、根強いファンがいることから実写ドラマにも多くの注目と期待が寄せられている。

「戦国BASARA -MOONLIGHT PARTY-」と題された、このドラマはMBS(毎日放送)で7月12日(木)から毎週木曜日の深夜1時25分から放送予定。BS-TBSでは深夜枠にて9月から放送予定とのこと。織田信長役にGACKTが出演する他、ダブル主演で武田航平が真田幸村を、林遺都が伊達正宗を演じている。

戦国BASARAといえば実際の歴史の史実にとらわれない破天荒なストーリーと個性的なキャラクターが魅力の一つであるが深夜番組と言えど、このドラマを子供たちが見たら歴史の史実と架空の作り話を混同してしまわないだろうかという一抹の不安を覚える。もちろん、その辺も考慮に入れての深夜放送なのかもしれないが…。

いずれにせよ、純粋にエンターテイメントとして楽しめる要素は満載の戦国BASARAが、実写化でどのような発展を見せるのか楽しみである。

2012年6月19日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.