阪神正念場、守護神・藤川が登録抹消へ


阪神の藤川球児が20日に登録抹消される見込み。守護神の登録抹消は打線の調子が上がりきらない今のチーム状況ではピンチである。

19日にMRI検査を受け、右大腿骨の骨挫傷と診断された。本人はだましだまし投球ができると判断していたが、17日のロッテ戦で救援失敗で検査に踏み切り首脳陣と話し合い決定した。右膝の場合軸足なので、無理して投球すると肩やひじに影響が出る可能性もあり、後半戦をにらみ、万全の状態に戻す。

ただ、阪神にとっては藤川が帰ってくるまでの間が正念場である。いくらよい夏場に帰ってきてもチームがBクラスでは意味がない。チームが優勝争いをしていてこそ、藤川の存在感が増す。

藤川は来シーズンの大リーグ挑戦も頭にあると思うが、シーズン中に「来年を見据えて」という気持ちにならないためにも優勝争いは大切である。

2012年6月19日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.