イチロー強制休養、不振から抜け出すためには


イチローが18日(日本時間19日)のダイヤモンドバックス線を欠場した。メジャーリーグでは年間162試合の長丁場を戦う為、定期的に主力選手に休養を与えるのが一般的だが、その場合、事前に知らされる。今回の休養はウェッジ監督から急遽告げられたようだ。

イチローは昨年度から急激に成績を落としており、年齢による衰えを囁かれている。しかし、他の40歳付近で活躍している選手と比較し、衰えているとは思わない。むしろアスリートとして老いを出来る限り遅らせることに成功している選手だと思う。

では、なぜ成績が落ちるのだろうか。私は、「完璧を求めすぎるが故の不振」だと思っている。上記のように他選手と比較して老け込んではいないが、年々老いているのは事実である。その中での微妙な変化が許せない、もしくはその微妙な変化に合わせて修正するということを行っていないのではないか。

ストイックに完璧を追い求める天才かつ努力家のアスリートが陥る壁、何とか乗り越えてほしい。

2012年6月20日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.