本田選手がレーシックで視力2.0に


CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(26)が国内で近視矯正のレーシック手術を受けていたことが分かった。なお手術を行ったのは「新宿近視クリニック」で、20日から本田選手を広告キャラクターとして起用する。

レーシックに関しては劇的に視力が回復するというふれこみで数年前から注目を集めていたが、手術の失敗報告などもあり、近年では慎重論が多くなっている。業界でも神奈川クリニック眼科が倒産し、神戸クリニックが引き継ぐなど業界再編の波も活発化している。

ということで、今回の本田選手の決断は非常にリスキーなものと捉えられがちである。しかし、実際これだけ有名な選手の手術を担当するということであれば、採算面を度外視し万全な体制で行っているはずである。そもそも本田選手のレーシック手術が成功しただけで、これだけのニュースになるわけなので。

2012年6月20日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.