観測史上7番目の早さで台風4号が上陸


6月19日に日本列島を縦断する形となった台風4号は、全国各地にさまざまな被害を及ぼした。全国各地の警察・消防の発表によると、25人が怪我をし、静岡県では倒れたプレハブの下敷きになって男性1人が心肺停止状態との模様だ。

台風の上陸は今年が初めてで、6月の上陸は2004年の6号以来8年ぶりで、観測史上7番目の早さというのだ。

今回の台風上陸は、地球の温暖化が原因との声がある。だが、台風の6月の上陸が8年ぶりで、観測史上でも7番目の早さなら地球温暖化とは、さほど関係がない気もする。

地球温暖化への危機意識を高めるのはいいが、何でもかんでも過敏に反応するのは、どうかと思う。もっと、物事を冷静に見極め判断する力が、まだ今の私たちには欠けている気がしてならない。

2012年6月20日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.