統一王者の井岡、次は2階級制覇へ!


WBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦12回戦 ○井岡一翔 判定 八重樫東●という結果になった。私自身ボクシングファンでテレビ観戦していたが、2人ともアマチュア出身ということで基本に忠実な「ジャブのさしあい」が見所であった。また、お互いにカウンターをとりにいっており、常に緊張感のある試合であった。

ただ、一点残念だったのは八重樫選手が早い段階で瞼が腫れ上がってしまい、いつ試合がストップしてしまうかとハラハラしながら見なければいけなかったことだ。

日本人は基本的に手数の少なさが問題になりやすいが、やはりアマチュアでポイントを稼いで勝つというスタイルが身についていると、その辺りでイライラする展開にならず、楽しめるボクシングになると思った。

井岡選手は最終的に4階級制覇を狙っているので、今回の統一戦を区切りとして階級を上げるのではないかと思う。ボクシングはやはり「体作り」において年齢は関係するので、井岡選手には是非次のステップに進んでもらいたい。

2012年6月20日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.