さしこ公演中に過呼吸も「げんきです!」


AKB48からHKT48に移籍した“さしこ”こと指原莉乃(19)が20日夜のAKB48劇場(東京・秋葉原)で行われたチームA公演に出演中、一時過呼吸になった。

冒頭の自己紹介で「心配をかけてしまって本当にごめんなさい」と謝罪後「HKT48メンバー全員でAKB48に一歩と言わず千歩くらい近づいて抜かしてやる。AKB48よりも、より強くHKT48の中でも1番になると決めたので応援してくれたら嬉しい」と決意と意気込みを語った。

過呼吸になったのは11曲目「アイヲクレ」のパフォーマンス中でステージから一時退き12曲目の「摩天楼」は不在。その後、MCで復帰し講演後のファンとのハイタッチには参加した。

このことについて指原は自身のブログで「指原、とてもげんきです!体調心配してくれる方も多いですが元気です、安心してください!コメントゆっくり読んでます」と元気をアピールしている。

一連の騒動で疲労と不安、ストレスが原因での過呼吸と見られているが指原の中では色々な葛藤が今もせめぎあっているのだろう。新しい環境に溶け込むというのは、我々一般人にとっても多大なストレスを受ける場合が多い。

なおさらそれが、芸能界という特殊な世界での突然の環境の変化となれば受けるストレスは想像を絶するものに違いないと思われる。心身のバランスが保たれていなければ持ち前の能力を発揮できず厳しい芸能界では生き残っていけないだろう。

さしこのHKT48での講演は7月以降になる見込みだが、それまでに心身共に万全の状態にもっていけるかどうかが今後の指原の成功の鍵と言えるかもしれない。

2012年6月21日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.