消費税引き上げで民主党が分裂の方向へ


野田総理は今月6月20日の民主党両院議員懇談会の中で、社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決に向け、消費税の引き上げに議員の理解を求めた。

野田総理は、この席上の中で「みんなで心を併せて、力を合わせて、様々な困難に立ち向かう政党でありたい」と述べ、一体改革関連法案の修正合意に了承する判断をしてほしいと述べた。

しかし党内では、依然として小沢グループを筆頭に消費税の引き上げに反対の勢力がある。また、そのグループは首相の消費税の引き上げに理解を示さない方向で、民主党で反対に回った議員は全員除名を覚悟しているとして新党の立ち上げも視野に入れている。

本来、与党は意見が1人1人違うことがあっても、結局は党の方針に合わせて行動するものだ。それが出来ないということは、結局のところ野田総理の手腕に問題があると言われても仕方がない。

社会保障・税一体改革関連法案の行方は、今後の民主党政権の行方を見極める上でも注目するべき課題だ。

2012年6月21日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.