千葉・浦安市女性殺害事件の謎


千葉県浦安市のマンションで元看護士の長谷川かなえさん(23)が殺害された事件で、殺人の容疑で逮捕された西岡大志容疑者(26)は「盗みの目的で入り気づかれたので包丁で刺した」と供述しているという。

しかし、事件をよくよく聞いていると不可思議な点が多い。殺害された長谷川さんは発見当時洋服のままで仰向けで布団をかけられており、争った形跡などは無かったという。

しかも、西岡容疑者は部屋に入る際に長谷川さんが中にいるのを知っていて入った可能性が高いとのこと。わざわざ盗みに入る家に人がいるとわかっていて見つかるリスクも顧みずに侵入する人がいるだろうか?

ただ、西岡容疑者はパチンコや性風俗に金を費やし借金があったということから金銭目的の犯行という線も捨てがたいが、殺害現場から持ち出されたのは長谷川さんの携帯電話で金品には手をつけられていなかったというのだから、いまいち釈然としない。

何か他に理由があったのか、それとも金銭目的の短絡的な犯行なのか。今後、事件の真相が明らかにされていく過程を注目していきたい。

2012年6月23日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.