25日にも九州南部に大雨、それに伴う2次災害に警戒を


気象庁の発表によると、九州付近に停滞している梅雨前線の影響で、25日にも九州の広い範囲で雷の伴った非常に激しい雨が降る見込みだ。土砂災害や低い土地への浸水などに警戒を呼び掛けている。

25日午前6時までの24時間に予想される雨量は、九州南部の多いところで、250ミリの見込みだ。

つい先日も、日本列島を台風4号5号が縦断し、各地に様々な被害をもたらした。そのため、現在では、九州地方に警戒を呼び掛けているとはいえ、遅かれ早かれ、他の地域も大雨や洪水、更には河川の氾濫などが起きる可能性が高いと思われる。

だからこそ、九州以外の地域に住んでいる人は、「九州での出来事だから自分には関係ない」と思わず、いつ梅雨前線が、自分の住んでいる地域に来てもいいように、十分な対策を今のうちから施すことを勧めたい。

今は梅雨の真っただ中だからこそ、決して油断をしてはいけないからこその心構えが必要なのだ。

2012年6月24日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.