サウジアラビアに住む4歳児が父親を射殺


非常にショッキングなニュースが報じられた。4歳児が父親を撃ち殺したのだ。

事の発端は4歳児の子供がプレイステーションを買うようねだったが、父親がプレイステーションを買わずに帰宅した。それに腹を立てた4歳児の子供は、父親が置いた銃を手に取り頭部を撃った。

テクノロジーが発展したことで、全ての事柄で低年齢化が起こっている。先日、6歳児が英検2級を取ったことも低年齢化の1つだろう。しかし、こうした犯罪の低年齢化は喜ばしくないものだ。

反応はこちら

2012年4月24日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.