松坂の次回登板が26日のブルージェイズ戦に決定


トミー・ジョン手術を受け、右ひじの故障から復帰したレッドソックスの松坂大輔の次回登板が現地時間26日のブルージェイズ戦になることが決まった。

復帰後の松坂の成績は0勝2敗で、防御率は6.06と日本時代の成績から見れば物足りない。

ただ、今年登板した3試合はいずれもナショナル・リーグに所属するチームだ。つまり考え方を変えれば、アメリカン・リーグのチームとの対戦は今年初めてなのだから、仕切り直しで行くことが出来るとも言える。

激戦が続くアメリカンリーグの東部地区だが、その中で一貫して下位に沈んでいるのがブルージェイズだ。だから、その分試合に勝てるチャンスは十分あるという見方もできる。

そのような見方をして、もう1度今年の開幕を迎えるという気持ちでリフレッシュしたポジティブな状態で試合に臨めるかが、次の試合への鍵になる。復調をアピールするためにも、少なくともクオリティ・スタート(6回3失点以内)の内容で試合を引き締めてほしいものだ。

2012年6月24日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.