元オウム真理教信者・菊地直子容疑者をVX事件で再逮捕


元オウム真理教の信者の菊地直子容疑者を、警視庁は24日までに猛毒VXを使って警察から来たスパイと疑った会社員3人を襲った事件に関わったとして、殺人・殺人未遂容疑で再逮捕したと発表した。

菊地容疑者は「何を作っていたか知らなかった」として容疑内容を一部否認している。また、東京地検は地下鉄サリン事件を処分保留として、改めて刑事処分を出す見通しだ。

事件に関わった女性を刑事処分に向けて力を合わせて活動していることは、警察のやるべき仕事としては評価できる。ただし、現在はオウム真理教から解体してできたアレフと光の輪が、取って代わる存在となりつつある。特にアレフは、事件の記憶がない学生を勧誘しようと、様々な手段で近づいてきている。

同じようなことが起きないためにも2つの教団、特にアレフの解体することにも警察は力を注いでほしいものだ。

2012年6月24日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.