無免許の18歳少年が引き起こした亀岡市の事件で救助した救急救命センターが怒りの声


亀岡市で無免許の少年が引き起こした自動車追突による殺人事件は様々な所で報じられているので知っているだろう。しかし、この事件では亀岡市の少年ばかりがクローズアップされているが、マスコミの対応も問題視されている。

このマスコミの対応については後述するとして、この少年は解放するどころか、車で平気で携帯などをいじっていたなどというから驚きである。というよりも、人として信じられないというのが私の本音だ。少年法の改正も含めて、一人ひとりの親がもう一度教育に関して考えなおさなければいけないのではないだろうか?

できちゃった結婚という言葉が流行し、今やできちゃった結婚は当たり前のように言われている。できちゃった結婚そのものに関しては、何も思わないが、本当に子供をしっかり育てていく意思があったのかについては疑問に思うケースも少なくない。子供が出来てしまったから育てるという意識の中では、親は子供を正しい道へ進むように育てないだろう。親が子供に対して、非干渉になり過ぎているのだ。

こういう事件は子供が注目されるが、親自身にも罰や指導をしなければならないのではないかと本気で思ってしまう。規制強化や罰則などを追加することは住みにくい世の中となってしまうので本来は避けたいのだが…。

さて、最初の文章に戻って、マスコミの対応について。これは救急救命センターの方のブログで述べられているのでぜひ、見てほしい。

4月23日 マスコミの人間に心はあるのか

本日,京都府亀岡市で悲しい事故が起こりました.当ドクターヘリも出動し対応しています.検証されるべき事項は沢山ありますが,1つの命をすくい上げようと誰しもが全力をしくしました.結果,望まない終末になることもあります.その後のご家族の心のケアには人として,医療者として十分な対応を心掛けております.当然,院内や病院敷地内に勝手に入り込み,勝手に取材,写真をとるマスコミには取材の許可を出しませんし,取材拒否の旨をきちんと伝えております.もちろん必要があれば病院から情報を伝えます.

しかしながら,読売新聞,毎日新聞,朝日新聞など各社の記者(個人名を出しても良いと思いますが)は霊安室の前にカメラをかまえ,お帰りになるご家族の映像を勝手に撮影していました.再三にわたって取材はお断りの旨を伝えていたにもかかわらず,一番大切にしたい瞬間に,ズカズカと土足で割り込んできました.

ご家族,医療者,関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか.このブログが多くの方に読まれていることは十分に存じ上げております.だからこそ敢えてここで述べます.

引用元:TECCMC’s BLOG(但馬救命救急センターのブログ)

このような対応を取っていることをマスコミは恥じなければいけないのだが、彼らがサラリーマン思考である以上、企業の傘を被り居直ることしかしないのであろう。こうした取材方法は以前から問題視されてきた。

しかし、報道する側の人間が行なっていることだから見えてこないのだ。今はインターネットの普及で徐々に明らかになっているが、このような取材方法については、彼らが変わるためにも抗議し続けなければいけない。

2012年4月24日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.