愛知県一宮市殺人事件の重要参考人が自殺


愛知県警の発表によると、愛知県一宮市の木曽川の堤防で今月18日に見つかった重松恵美子さんの遺体が見つかった事件で、知人の60代男性が首をつって自殺したことが、25日になって分かった。

この男性は愛知県警から事情を聴かれていて、事件解決のための重要参考人としてマークされていた。

だが、あくまでも事件の重要参考人であって、決して犯人でもない。一部では、この報道を聞いて、あたかも犯人だとか、その犯人が自殺したとして警察の怠慢として叩く人がいる。なので、男性の自殺が今回の事件と関連性があると断言するのは無理がある訳であり、まして今回の事態が警察の怠慢というのも無理がある。

事実を知る、本質を見抜くなら、思い込みを持つことなく落ち着いて客観的な視点を持つべきである。

2012年6月27日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.