GTOがドラマ版スタートの前にスピンオフのマンガが始まる


27日に発売される「週刊少年マガジン」の中で、「GTO」のスピンオフ作品ともいえる新たなマンガがスタートすることが分かった。

そのマンガの名前は「GT-R」で「GREAT TRANSPORTER RYUJI」の略で、鬼塚の親友の弾間龍二を主人公にしたストーリーで都内最速の男という裏の顔を持つバイク屋の店長だ。

「GTO」に関しては、以前にもスピンオフ作品として、「GTO-SHONAN 14DAYS-」が連載されていたが、前作以上のパワフルな活躍が描かれると期待されている。

GTOはドラマ放送も大変人気で、以前放送された時は、主人公に反町隆史、ヒロインに松嶋奈々子を据え、大ヒットを記録し、関東での平均視聴率は28.3%、最終回は35.7%という記録的な数字を残した。

今回は主人公にEXILEのAKIRAで、ほとんどのファンは前回の方が良かった、という声が多い。新キャストで臨む方は辛いと思うし、特に今回の主役の本業は歌手だが、前作の主役は俳優が本業と、ドラマが始まる前から今回のGTOへの期待値に不安がある。

ただ歌手でも縁起の上手い人は現に存在するのだ。だから、あまり始まる前から不安に思わず中立的な気持ちで観てみればいいのではないか、と思う。それが演技に臨む俳優たちへの礼儀だと思う。

2012年6月27日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.