女性9人に乱暴 「結果重すぎ」と控訴棄却、懲役50年!?


平成22年までの約9年間に、女性9人に乱暴したなどとして強姦致傷罪などに問われ、1審静岡地裁沼津支部の裁判員裁判で5事件について懲役24年、4事件について26年とされた無職、小沢貴司被告(35)の控訴審判決公判が27日、東京高裁で開かれた。八木正一裁判長は「1審の結論が重すぎて不当とはいえない」として、1審判決を支持、控訴を棄却した。

この判決が重いか軽いかの議論は控えるが、私は日本の「裁判員制度」が機能した好例ではないかと思う。そもそも小沢被告の犯罪の経過を見ると、到底反省しているように見えない。また、更生する可能性も限りなく少なく、社会復帰した際の再犯の可能性も高いと思う。

私個人的な見解としては、「無期懲役」という曖昧なものをなくし、「終身刑」と「有期刑の上限撤廃」が望ましいと思う。日本の犯罪も欧米化しているので、刑罰も欧米化するべきではないか。

2012年6月28日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.