正DH復帰で出場機会も激減、松井に残されたチャンスは少ない?!


レイズの松井秀喜外野手(38)が28日(日本時間29日)、本拠地セントピーターズバーグで行われたタイガース戦の9回1死から代打出場したが中飛に終わった。

松井にレイズからオファーがあったのは、もともとけが人が続出したからであって、ある意味保険的な意味合いが強かった。そして、3Aでも結果は残せていなかったが、ここでもけが人が多い状況があって、DH兼外野手としてメジャー昇格を果たすことができた。ここまでは、運も味方し順調であったが、やはり運だけではここまでだ。ここからは松井選手の実力で、主力が復帰してもレギュラーを渡さないだけの結果が必要である。その中で、打率・160では話にならない。

2試合連続でスタメン落ちで、すでに立場が危うくなっており、さらには7月に続々と主力が復帰する予定。メジャー生き残り、そしてプロ野球選手としての正念場だ。このまま終わる選手ではない、一ファンとしてそう信じたい。

2012年6月29日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.