小沢氏が増税強行なら離党も止む無し、という方向へ


民主党の小沢一郎元代表は、28日に輿石幹事長と2度会談を行い、野田総理が参議院での消費税増案法案の採決を止めなければ、離党や民主党の会派を離脱する方針を正式に伝えた。

小沢氏と輿石幹事長の両氏は29日にも再び会談する方針で、輿石氏は政権運営への協力を要請したが、小沢氏サイドは難色を示している。一方の野田総理は、28日の会合の中で「法案修正は常識的に有り得ない」と参議院でも採決を行う意向であることを示した。

一連の動きで、これまでの続けてきた増税法案の動きを止めることは野田総理のこれまでの努力や法案を成立させるための行動そのものを否定することになる。

野田総理にとって、小沢氏の圧力に屈しないのは半ば当然のことだし、増案に関しては小沢氏の意向が認められない限り、状況は変わることはない。このまま平行線となるだろうが、首相サイドから見れば、首相の譲らない姿勢は正しい。今後も野田総理と小沢氏との駆け引きから目が離せない。

2012年6月29日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.