中国の国営企業がベトナムで石油の共同開発の呼び掛けへ


中国時間の6月28日、中国の国有石油会社大手の中国海洋石油が、ベトナムに近い南シナ海に設定した9つの鉱区で、外国企業との石油・及び天然ガスの共同探査・開発を進めていこうとしている動きがあることを、ということをシンガポールのマスコミが報じた。

中国はこれまでにも、ベトナムやフィリピンを相手に南シナ海の南沙諸島などの3諸島に中国の新たな自治体として三沙市を設立したことで両国の反発を招いたばかりだ。だが、それにも懲りず、今回、報じられた9鉱区は、ベトナムが21日に海洋法で定められた同国の領域として国際的に認められた了解と重なっている。そのため、再び反発が起きるだろうと見られている。

ベトナム外務省の報道官は中国海洋石油のやり方は違法で全く無意味なものとして切り捨てた上で、「ベトナムの主権を著しく侵害している。中国が直ちに入札を取り消すことを要求する」という声明を発表した。だが、中国側も自分たちの行動を撤回する様子はないようだ。

中国は日本の尖閣諸島や内モンゴル、チベットなど様々な地域で領土問題で大きく問題を起こしている。

国益のために動いているのだろうが、国際的に非常に大きな非難の声を浴びている。今後、改善する気がないのであれば、遅かれ早かれそのしっぺ返しを食らうことを承知するべきであり、そうでなければ、国際的に孤立するだろう。その代償を中国は支払う気があるのか、そして、今後、どのように中国は国際社会の中で振る舞っていくのか、注目していきたい。

2012年6月29日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.