生レバーの提供が正式に禁止に


6月12日に厚生労働省は、生で安全に食べるための有効な対策が見いだせていない、という言い分の元、7月1日から飲食店での生レバ刺しの提供が禁止され、正式にそれが施行されることになった。生レバ刺しの提供禁止は食中毒への有効な予防策が見つかるまでのもの、と厚生労働省の食品安全部基準審査課の担当者は説明している。

仮に、その取り決めに違反した飲食店が見つかった場合、経営者は2年以下の懲役、または200万円以下の罰金が科される。そのことを調べるため、保健所から覆面調査員が来ると噂されているが、それだけでなく、少しでもライバル店がいなくなってほしい、との想いから、店同士での告発合戦が起きることも予想されている。

だが、抜け道もある。それは、焼くことを前提としたレバーの提供は何の問題もないのだ。つまり、お客さんに“生レバは危険”と注意さえすれば、あとはその生のレバーをどうするかはお客さんの判断となり、店には非がない、という構図だ。このことは、食中毒が出たりしない限りは何も言えないと、厚生労働省の担当者も認めている。

生レバの提供でお客、役人、そして店の経営者の思惑や駆け引きというのがヒートアップしているが、実際のところ、生レバを食べたことのない人間からすれば、そんなにおいしいのか、それほどまでに様々な人・利害関係者との駆け引きが必要になる程の食べ物なのかと思わずにはいられない。

実際のところ、生レバが食べられない、といっても、それは、店での提供が出来ない、という話で、スーパーなどで買った物なら規制の対象にもならないんじゃないか、と思わずにはいられない。店で提供されるものの方が美味しい、ということなのだろうが、焼き肉の食べ方・種類なんていくらでもあるから、それほどまでヒートアップする必要もないんじゃないのか、というのが、第三者から見た声である。

2012年7月1日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.