自転車レース「エンジョイスポルトバイク2012フジ55」で会社員が死亡する事故


静岡県で行われていた自転車レース「エンジョイスポルトバイク2012フジ55」で会社員の男性が死亡する事故が発生した。死亡した会社員の男性は清水堅司さん(33)。頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

エンジョイスポルトバイクとは、2011年から開催されている自転車サーキットレースの1つで、富士スピードウェイ55周を自転車で走ったタイムを競う。2012年からは、チーム部門が新設され、誰でも楽しめるサイクルイベントとして注目されていた。

御殿場署によると、清水さんは160キロメートル部門に出場し、第1コーナー付近で転倒したという。ヘルメットは着用しており、退会主催者側は接触がなかったと話している。計3000人が参加する一大イベントだったが、安全管理が問われる事態となってしまった。

こういう誰でも参加できるイベントはどんどん盛り上がってもらいたいが、イベントごとには事故が絶えない。今回も防ぐのが難しかった事故といえるかもしれないが、今後何らかの措置は取らなければならないだろう。

photo by Zengame

2012年7月2日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.