柔道の鈴木選手、強化指定辞退!事実上第一線から引退?!


柔道の2004年アテネ五輪男子100キロ超級金メダリスト、鈴木桂治(32)=国士舘大教=は3日、東京都多摩市の国士舘大で記者会見し、6月30日付で全日本柔道連盟に強化指定選手辞退届を提出し、今月1日付で同大柔道部監督に就任したと発表した。

今後も競技は続けるということだが、第一線からは事実上引退ということになる。まずは「お疲れ様でした」と言いたい。鈴木選手の全盛期は本当に強かったが、実際に全盛期はかなり前で、近年は怪我との戦いで十分に力を発揮できない状態であった。

柔道選手の中でも重量級でこれだけ長く第一線に君臨することは、並大抵の努力ではないと思う。そして、指導者の道を徐々に歩みだす決心はしたようだが、「徐々に」というのが鈴木選手らしい。まだ、競技も続けながらプレイングマネージャーのような立場で体当たりの指導を行ってもらいたい。

2012年7月4日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.