ロシア・メドベージェフ首相、北方領土訪問に日本が反発


ロシアのメドベージェフ首相が北方領土を3日、2010年以来2度目の訪問した。日本はこれに反発しており、両国関係はますます冷え込むことが予想される。

しかし、6月19日にはプーチン大統領と野田首相の会談がG20で実現するなど、両国の関係は雪解けムードが漂っていた。その2週間後に関係を悪化させるような北方領土の訪問が行われるとは日本の関係者も予測できなかったという。

メドベージェフ首相は「これからも引き続き訪問したい」と語っており、北方領土問題はますます深刻化していく模様だ。日本も返還の声を上げ続ける必要があるが、これまで同様に交渉は難航しそうだ。

photo by frage23

2012年7月4日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.