F1テストドライバーのマリア・デビロタ、事故で右目を失う


F1のテストドライバーであるマリア・デビロタ氏がテスト中に事故に遭い、治療を受けていたことが明らかになった。マリア氏はこの事故で右目を失う重症を負った。

マリア氏はF1カーの空力直線テスト中にサポートトラックに衝突し、頭部に大きな怪我を負っていた。一時は予断を許さない状況だったが、長時間の手術の結果、右目は失ったものの今は安定した状態だという。また、マリア氏の家族は、適切な治療を施した神経外科と形成外科の医師に感謝の意を示していた。

事故の詳しい詳細は明らかになっていないが、ピットに戻る途中に急加速して起きた事故だと言われている。これは彼女の操作ミスか車の整備ミスなのかは分かっていないが、彼女が所属しているマルシャF1チームは原因究明と対策に乗り出すことだろう。

テストドライバーは自らの身体でテストを行う危険な職業でもある。今回の事故を教訓に、テストドライバーに対する安全管理も更に充実したものになることを願っている。

photo by bigpresh

2012年7月5日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.