脱原発音楽フェス「NO NUKES 2012」のガイドブックが幕張メッセで先行販売へ


坂本龍一氏が音楽アーティストに呼びかけて行われる「NO NUKES 2012」がインターネットで生中継されることが決まっている。これは脱原発を訴える目的で行われる音楽フェスティバルで、7/7・7/8の2日間、計18組のアーティストが参加する。

坂本龍一氏が呼びかけたということで、NO NUKES 2012は非常に注目が高い。イベントには、原子力に関するビデオ上映なども行われ、このイベントで更に脱原発の意見が強まっていくものと思われる。

また、会場では「NO NUKES 2012 僕らの未来ガイドブック」という「NO NUKES 2012」の公式ガイドブックが幕張メッセで先行販売されることが決まっている。Amazonの出版社コメントには「未来は “オトナ” に渡さない! これがぼくらの、本当の教科書だ。」と書かれ、脱原発に向けた強い思いが伺える。

世界で唯一の被爆国である日本では、原子力に対するイメージがものすごく悪い。もちろん、世界的に脱原発運動が行われているため、原子力そのもののイメージも良くないのだろうが、特に日本はそれが強い。大飯原発が再稼働されることがほとんど決まったが、世論を見ると、日本での原発運用は難しいのかもしれない。

photo by nhayashida

2012年7月7日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.