ペットに「課税」…泉佐野市が打ち出した新税「犬税」はOK!?


日本では約30年前に途絶えていた飼い犬を対象とした税金「犬税」が復活するかもしれない。犬税導入を検討しているのは、市の名称の命名権(ネーミングライツ)売却に乗り出し話題となった大阪府泉佐野市。放置された犬のふん害がなくならないことから、清掃や巡回の人件費にあてる考えで、早ければ2年後にも条例を制定する方針だ。

犬を飼うということは、それだけで住まいの地域をよく利用することになる。主に散歩ということになるが。個人的な見解としては犬税自体はなかなか難しいものだと思う。ただ、マナー違反者が多い中で、何かしらの対応をしないといけないというのも理解できる。

1つの方法として犬の散歩コースを有料にする、指定の散歩コース以外を散歩させた場合の罰金制(歩きタバコと同じ原理)などはどうかなと思う。整備されたもしくは管理している施設を利用するからお金が必要ということであれば、まだ、納得できるのではないだろうか?

photo by norio.nakayama

2012年7月8日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.