ブランコが左手甲を骨折、長期離脱の可能性も


中日トニ・ブランコ内野手(31)がピンチだ。8日、中日DeNA11回戦(ナゴヤドーム)の延長10回にDeNA山口の150キロ直球が左手甲に直撃。顔をゆがめてベンチに退いた。この日のうちに名古屋市内の病院でエックス線検査を受け、左第2中手骨骨折が判明した。

これは中日にとって本当に痛いニュースだ。ブランコはムラがあり今年の春先には不調での2軍落ちもも経験したが、最近盛り返し頼れる長距離助っ人として君臨している。代役が誰になるかは分からないが、山崎選手のような気がする。今年の中日は何かと注目されることが多い。

監督が変わったことが大きいと思うが、高木監督は本当にやりにくいのではないかと思う。実績を残した監督の次ということなので、必然的に期待が高まる。ブランコには早く復帰してほしいが、箇所も箇所だけにしっかりと直して戻ってきてもらいたい。その時優勝争いをしていれば良いのだが。

photo by Kanesue

2012年7月9日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.