マンチェスター・ユナイテッド入りの香川真司がイギリスへ向けて出発


サッカー日本代表の香川真司がイギリスの名門チームのマンチェスター・ユナイテッドに合流するために、日本を離れてイギリスへ向かった。移籍金はおよそ15億円とされているが、世界中におよそ6億6千万人ものファンがいるビッグチームだ。今回、初めて日本人選手がそれも主力として加入することは全世界のファンに大きなインパクトを与える。

同チームは、昨シーズンまで韓国人選手のパクが在籍していたこともあり、アジアでの人気は絶大だ。公式ホームページには日本語版まであるというのだから、すでに世界のファンを意識している。

一部では、今回の香川の獲得は、日本のファンを多く取り込むため、ともささやかれている。だが、マンチェスター側が、ここまで大々的に香川を主力として大きく迎え入れたのだから、単なる日本へのPR目的だけが全てではないことなのは明らかだ。でなければ、そもそも4年契約といった大きな契約を与えることなど有り得ないのだから。

日本人選手のプレミアリーグのビッグチームへの在籍は、香川が初めてになるが、この香川がどれほどまでプレーをするか、チームを勝利に導く活躍をするかは、今後の日本人の評価を高めるか否かにも関わる。今後の香川の活躍ぶりに注目していきたい。

2012年7月11日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.