香川3人殺害、死刑確定へ=残忍な事件がやっと解決


香川県坂出市で2007年、パート従業員三浦啓子さん=当時(58)=と孫姉妹が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、一、二審死刑となった三浦さんの義弟川崎政則被告(66)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は12日、被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。

この事件は残忍極まりなく、死刑確定に関して妥当だと思う。三浦さんに恨みをもっての反抗ということであったが、なぜ一緒にいた孫も殺害しなければならなかったのか、用意周到ではなかったという事で、減刑を弁護士は求めていたが、侵入して犯行に及ぶところから殺意は明確であるし、用意周到でなかったのは用意を忘れたという方が正確かもしれない。

このような事件は本当に心が痛む事件で、慰めになるようなものはほとんど見当たらないが、早く刑を確定させ、遺族が少しでも楽になればと切に願う。

2012年7月12日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.