違法ダウンロード刑罰化に文化庁が公式見解を公開へ


10月にも施行される私的違法ダウンロード刑罰化に関して、文化庁がホームページで見解とQ&Aを公開した。ホームページ内では、違法と判断し告訴を検討する場合、事前に警告を促すなど配慮が必要と書かれている。

しかし、この法律にもいくつもの穴があり、あくまで音楽業界を保護するためのもの。警告するよう促すなどの行為が実際に可能なのかということについては、疑問を持たざるをえない。

ただ、違法ダウンロード刑罰化が可決された今、どう言おうと施行されてしまう。私達が出来ることはどのような場合に刑事罰を受けるのかを正確に把握しておくことだろう。音楽業界を守ることを目的としているため、違法ではあるが刑事罰は受けないなどの場合もあり、非常に不明瞭な点も多い。

また、あくまで文化庁の見解であり、裁判所での見解とは異なる場合もある。これが非常に厄介なことなのだが、とりあえず文化庁の見解に従えば、大きな問題にはならないだろう。

下記に文化庁のリンクを掲載しておくので、確認しておくことをオススメする。

平成24年通常国会 著作権法改正等について
違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A

2012年7月13日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.