「謎の女性」、視察にも同行=金正恩氏夫人でほぼ確定


北朝鮮の金正恩労働党第1書記の隣で公演を鑑賞し、臆測を呼んだ謎の若い女性が正恩氏の視察にも同行していることなどから、夫人という見方が強まっている。韓国・世宗研究所の鄭成長首席研究委員は「夫人にほぼ間違いない。金日成時代と同様、正恩氏は公式の場に妻を帯同するだろう」と話している。

現在は正恩氏の一挙手一言動を逐一取り上げ、話題を提供している状態だが、まだ動きとしては大して大きなものはないのが現状だ。今の状況を見ると正日氏にはカリスマ性というかまとめ上げるものがあったのだろうと思う。

ただ、正恩氏はまだ若く、今後の成長の伸び白が大きいはずだ。その点については日本の政治家よりもある意味期待できるのかとも思う。しかし、環境によると思うので何ともいえないが。今後10年は北朝鮮の動きには注意してみていかないといけないのではないだろうか。

2012年7月18日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.