現代の閉塞感、生きづらさについて考えてみる


現代は生きにくいと言われている。景気が上向く兆しがないからか、世の中には閉塞感が漂っているようだ。また日本の体質が若者に厳しい傾向にあるのも1つの要因だろう。

しかし、ストレスを吐き出すツールはそこら中にできている。以前までは自分の中でしか貯めることが出来なかったストレスを2ch・Twitter・Facebookなど他の人とコミュニケーションを取ることで発散することが出来る。

それほどまでに景気は悪化しているのだろうか。少し特殊な環境に身を置いている私には直でその空気感を味わうことは出来ない。いったい、どれほどの人が現代に閉塞感を感じ、生きにくいと思っているのだろうか。

2chのまとめサイトの1つ「哲学ニュースnwk」で「現代は、なぜ生きづらいのか」という2chのスレッドがまとめられている。ネガティブな内容なので、気持ちが上がるものではないが、閉塞感を感じている人々とその原因について書かれているので、1度見てみてはいかがだろうか。

この問題に対する私なりの答えとしては、今は働き方の変革期であるため、今が歪みの部分だと考えている。今も自由な働き方が増えてきているが、今後はこれが加速し、少しは生きやすい世の中になるはずだ。

ただ、”単に生きるだけ”でも難しい現代は改善されてほしいと思っている。少なくとも生きるだけであれば難しくない世の中になるよう、私もアクションを起こしていきたい。

2012年8月15日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.