麻雀漫画「天牌」に見る、それぞれの生き方


私は麻雀が好きなので、近代麻雀などの麻雀雑誌を読むことも少なくない。もちろん漫画である以上、そこにリアリティがあるわけではない。他の漫画よりも麻雀は地味になりやすいため、少し現実離れせざるを得ないのだろう。相手の上がりを止めるときなどには安手でアガっても問題はないが、現実に即して書けばよくある大逆転劇など到底書けないから仕方がない。

だからこそ、麻雀漫画にはリアリティよりもそこに登場するキャラクターの個性が重要になってくる。「ムダヅモ無き改革」の場合は歴史上の人物や今の政治家が登場し、それを面白おかしく少年漫画らしく再現している。全くもってリアリティはないが、あれはあれで楽しめるものだ。

他にも麻雀漫画として有名なのは、「アカギ」「哲也」「傀」「哭きの竜」などがある。これらの中には、役の大きさなどは無視するとリアリティのある場面もいくつかある。精神論的なものや結果論的なものも多いが、それを差し引いてもキャラクターの魅力と部分部分でのリアリティがこれらの麻雀漫画を引き立てている。

その中でも、私が最も好きなのが「天牌」だ。役満は連発されないものの、やはり役は大きいものばかりだが、それでもリアリティを感じさせられる。その理由の1つが前述しているキャラクターの魅力だ。それぞれのキャラクターにバックボーンが存在しており、ストーリーにも引きこまれやすくなっている。

私が最も思い入れが強いのが「天牌外伝」の主人公で「天牌」の主人公・沖本瞬の師匠でもある麻雀職人・黒澤義明だ。彼は1晩で億を稼ぐ打ち手として、多くの麻雀打ちに知られている。

しかし、そんな彼でも「天牌外伝」では1晩で身ぐるみを剥がされるほど負ける描写がいくつもある。また、個人の相手を取ってみても、武上には2度の敗北を喫し、新満さん相手には負け越しているなど、決して最強の打ち手ではないというところも非常に魅力的な点だ。

天牌では非常に残念な消え方をするが、黒澤義明を主人公にした「天牌外伝」では麻雀打ちとしてだけではなく、人として考えさせられる場面が多数あり、これが「天牌」を愛している理由と言っても過言ではない。自分を律し続ける彼の生き方を見ていると、自分の怠惰さや傲慢さが非常に醜いものに思えてくるのだ。

麻雀を抜きにしても、少し傲慢になってきたり、自分の生き方が雑になってきた人には特に読んでもらいたい本でもある。麻雀というとギャンブル性が強く、一般的には蔑視されやすいテーブルゲームだが、そんなことはない。あくまでフィクションではあるが、私はこれほどまでに麻雀に対して、生きることに対して真摯な人は見たことがなかった。

少し説教臭いと感じる人もいるかもしれないが、これからも愛読し続ける麻雀漫画だろう。ちなみに「天牌」は近代麻雀ではなく、漫画ゴラクで連載されている。

※それぞれの生き方、と題しながら黒澤さんだけしか紹介していなかったので、ちょこっとだけ。星野・入星・谷口・北岡のサイドストーリーは彼らの人となりもわかり、非常に良かったと思う。本編でも活躍する彼らがどのような人間でどのようにして「天牌」での立場を築きあげてきたのかがよく分かり、本編を2回楽しめるようになっている。特に谷口隆に関しては、初対面から「天牌」本編での流れを知ると非常に胸が熱くなるのでぜひ読んでいただきたい…。

2012年8月17日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.