東北楽天の田中将大投手の胴上げ投手起用について


プロ野球ではパリーグの東北楽天が非常に強くて、優勝間近というところまできています。そんな中、楽天の星野監督は「エースの田中将大投手を胴上げ投手にする」という発言が報道されました。

これは普段は先発の田中投手を勝っている場面でのクローザーとして起用することを意味しています。これは星野監督のサプライズだという風に報道はされていましたけど、私自身は正直言って、この采配には反対です。

そもそも、粋なはからいということは言えるでしょうけど、ここまでずっと順調に先発で結果を残してきた中で、配置転換をきっかけにして弔調子を崩したらどうするのか?

これが日本シリーズの日本一の場面なら、それ以上のプロ野球での試合はもうありませんから良いかもしれません。しかし、優勝決定の場面だとそれ以降の彼には活躍してもらわないと困ります。

こんな小さなことでもし調子を崩したら、本当にもったいないです。先発と抑えでは勝手が全く違うので、よほど器用な選手でない限りそんなすぐには順応できません。

今後のことを考えると、今までどおりに先発として起用していった方が良いと思います。ちょっとした思いやりから、田中投手もチームも崩れだしてはたまりませんから。

2013年10月1日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.