短い時間で多くのことを暗記するための技術というのが記憶術なのです


記憶術というのは、暗記するためのテクニックです。
短い時間で多くのことを暗記するための技術というのが記憶術なのです。
そして、記憶術は、連想力、連結力、変換力の3つのテクニックがベースになっています。
ここでは、その中の連想力に関してご紹介しましょう。
連想力というのは、その名の通り、連想していく能力、つまり、想像を連ねることです。
ある一つのことについて、頭の中にそれに関連することを映像やイメージを思い浮かべて、どんどんこれを拡大していくことです。
連想というのは、思いつくままに関係することを想像して拡大していくことです。
イメージや映像を頭の中に思い浮べることに自信がある人は、どんどん連想して想像して拡大していくことは容易にできます。
では、記憶術においてはどうして連想力が必要なのでしょうか?
記憶術の基本的な技術としては、連結力が必要です。
連結力というのは、関連付けて暗記する技術をいいます。
どうして記憶術においては連結力が大事なのかというと、関連性が無いように見えることでも関連性があるようにしてつなげることが記憶術においては必要だからなのです。
関係が無いものでも、強引に関連性を持たせたり関係付けたりしてつなげることが記憶術においては必要です。
そして、このことが連結力になるのです。

参考:肌荒れの赤みは美容液で治そう!

2013年11月26日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.