任天堂が初の営業赤字転落!?


任天堂が発表した2012年3月度決算は、営業赤字も3737億円となり、432億円の最終損益となると発表した。

携帯ゲーム機のニンテンドーDSでは好調を維持していた任天堂だったが、3DSの販売不振や円高の影響により、海外収益が大幅に落ち込んだことが原因のようだ。

しかし、今期ではWiiUを発売するなど、巻き返しの材料は整えている。8月には数多くの人気商品が販売される見通しとなっており、黒字化への布石は準備しているのだろう。ゲーム業界の未来を占う上でも、任天堂の活躍に期待したい。

2012年4月27日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.