三菱東京UFJ銀行が、大企業100社へ支援する方針


三菱東京UFJ銀行は、取引先の大企業から約100社を選び、重点支援する方針を固めた。支援対象の企業と一体になって成長戦略を練り、海外展開や新規事業に必要な融資にも積極的に応じる。国内企業向け融資が伸び悩む中、収益拡大の切り札にする考えだ。

引用元三菱東京UFJ銀、大企業100社を重点支援へ

三菱東京UFJ銀行が大企業を支援する模様だ。私としては、小さい企業に対して支援を行うほうがよっぽどメリットはあると思うのだが、昔からの銀行体質としてなかなかリスクの高い融資は行えないのだろう。特に不景気だと言われている今は、一層融資条件が厳しくなっているようにも思える。

ただ、企業と一体になって成長戦略を考えるというのはいかがなものだろうか。銀行は確実に融資した金額を回収するためこのような方針を決めたのだろうが、思い切った方針転換や新しい事業などは起こらないように思える。

時代は常に変わっている中、守りに入った企業が成長していくことは少ない。大企業への融資は巨額になると予想できるため、より安定志向の強い経営を迫られるだろう。融資を行うという点は評価したいのだが、どれほど効果があるかということについては疑問を持たざるをえない。

2012年5月3日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.