「絞首刑は残虐すぎる」 法務相ら、死刑の執行方法について議論へ


小川法務大臣ら法務省の政務三役は、死刑の執行方法について見なおす必要があるかについて議論を始めることになった。

現行の死刑制度では絞首刑となっているが、絞首刑は残虐すぎるという指摘が根強いことから、海外の執行方法なども調査することで、見直し案を模索している。

しかし、死刑執行自体にも様々な意見があり、最近では検察への不信感などから冤罪事件なども発覚してきている。死刑制度のあり方から、もう一度見直す必要があるのではないだろうか?

反応はこちら

2012年4月23日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.