北海道電力、火力発電所を定期検査のため停止へ


北海道電力が定期検査のため、火力発電所を運転停止させた。泊原発を停止させたばかりの北海道電力。今の主力は火力発電となっているが、今回の定期検査のため電力供給が厳しくなる模様。

原発を止めることで電力が大きく不足することはないが、今回のように定期検査のために停止させた場合、大幅な節電を迫られてしまう可能性がある。原発を止めると国民が判断したのであれば、大幅な電力不足に対する対策を立てる必要があるだろう。

これは、原発にNOを突きつけた私たちの責任でもあるのだ。

2012年5月21日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.