情や恩を感じると人は自然と集まる【長良グループ会長・長良じゅんさん葬儀】


長良グループ会長という大手芸能事務所の長良じゅんさんの本葬が、22日に、東京・青山葬儀場で営まれ、ビートたけしさんや北島三郎さんなど芸能界の大物が続々と詰め掛け、最後の別れをした。

特に氷川きよしは、演歌歌手としてなかなか大成できず、くすぶり続け、所属事務所も決まらなかったときに声を掛てもらっただけでなく、効果的なアドバイスを多く頂いていた。そのようなこともあり、長良氏への感謝の気持ちを最後まで伝えていた。

現代では、昔と違い、義理や人情が軽く見られる時代だ。だからこそ、義理や人情を多く人に掛けることができれば、いざという時や、亡くなってしまった時にも多くの人が集まるのだ。誰にも悲しまれることなく、そっとあの世に行くほど、悲しいものはない。

長良さんの人生観から現代の人たちが学ぶことが出来る点はたくさんある気がしてならない。

2012年5月23日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.