フジテレビ、番組中に緊急地震速報を誤って流す


フジテレビは、午前10時ごろに放送されていた番組の中で、緊急地震速報を誤って流すトラブルを起こした。

その時間帯にフジテレビで放送されていた番組は、全国15局で放送されているが、誤報が流れたのは関東地方だけであり、番組内でアナウンサーが誤報を認め謝罪した。システム点検中の危機の異常動作が原因と考えているとのことだ。

緊急地震速報というのは、近年、日本で頻繁に起こる地震が本当に起きる前に、避難を促す目的で流すものである。

こういう速報は、基本的に、NHK・民放にしても、ほぼ時を同じくして流れるものだが、1テレビ局だけにしか流れなかったのは、完全にテレビ局の責任だ。まして地震に敏感になっている人が多い中で、もっとテレビ局としてあるべき姿を、我々、国民に見せることが、テレビ局の役割のはずだ。

そのことをもっと肝に銘じるべきである。

2012年6月2日 投稿:エイドギース




Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.