ニューヨーク株式市場、今年最安値更新


週明けアメリカ現地4日のニューヨーク株式相場は、ヨーロッパの債務危機を背景に、世界経済が失速するとの不安から株価が続落した。結果、約5か月半ぶりの安値を更新して、1日の取引を終了する結果になった。

ナスダック総合指数では、IT企業のやハイテク株の一部が買い戻されたこともあり、株価の反発は小さなもので終わった。

先日から、東京だけでなく、フランクフルト、ロンドンなどの世界の主要株式市場の株価が下がっている。世界同時株安になる恐れもあるだけに、ただでさえ不況なのに、これ以上、事態が悪くなるのは避けてほしいものだ。政府には、何よりもこの経済不況への対策を施してもらいたいものだ。

特に自国の中で、政党同士の足の引っ張り合いをする時間と暇があるなら、尚更のことだ。

2012年6月5日 投稿:エイドギース



Copyright© 2012 エイドギース All Rights Reserved.